骨董品の買取

相談

骨董品の平均的な価格

骨董品の買取をしてもらう場合、どのくらいの価格になるのかということはとても気になることだと思います。買取してもらう骨董品の状態や歴史的背景、歴史的価値、化粧箱などの付属品の有無、需要が高いかどうかなどにもよりますが平均的には数万円から数百万円ほどの価格の差があります。 例えば、数百年前の古い骨董品だとしても保存の状態が悪ければ価値は低くなり、価格も下がってしまいます。保存状態には、気を付けることが大切です。歴史的価値が高く、制作者が有名であり、保存状態が良く、世に出回っていない希少価値の高いものは高値で買取されます。 複数の業者に見積もりをお願いして、骨董品の相場を知っておくと業者との交渉がやりやすくなり、損をすることも少なくなります。

どのような特徴があるのか

骨董品というものは、価値を理解していないと難しいものです。もし、必要のなくなった骨董品がある場合はプロの鑑定士のいる業者に買取してもらうことがお勧めです。自分では価値のないゴミのようなものだと思っていても、プロの鑑定士が査定したときに高額な価値のあるものかもしれません。 骨董品の買取は、宅配・出張・店頭の三種類の方法があります。1つの業者だけに査定をお願いするのは危険です。複数の業者に査定してもらい、見積もりを出してもらいましょう。業者によって、査定額が異なるためです。 絵画や茶道具は、骨董品の中でも人気があるものです。食器や日本刀、掛け軸、古銭、アンティーク、中国美術なども需要が高いので、是非買取を依頼してみましょう。